一人暮らし 利用者別

一人暮らし向け食材宅配│単身者にも使いやすいおすすめサービスまとめ

一人暮らしを始めると、買い出しとか食事の準備とか、結構負担に感じますよね。

料理が趣味!とかでない限り、家事周りはどうしても後回しになってしまいがちです。

だけど健康面も気になるし…ということなら、食材宅配サービスを使ってみるのは良い選択です。

セツ子
一人暮らしの人が食材宅配サービスを使うと、家事の負担を減らしながら、偏った食生活を避けることができます。

この記事では、一人暮らし向けの食材宅配を探している人に向けて、おすすめのサービスをまとめました

一人暮らしだからこそ生じてしまうデメリットも、しっかりお伝えしていますので、サービスを選ぶ際の参考にしてください。

食材宅配を選びで譲れないポイントを順位付けしておく

食材宅配を選ぶ上で大事なことは、「ここだけは譲れない!」っていうポイントを明確にしておくことです。

複数あるときは、その譲れないポイントに順位付けもしておきます。

そうでないと、迷ってしまって、結局決められなかった…ってことになりがちです。

  • とにかく安いところがいい
  • ちょっと特別感のある食材が買えるところがいい
  • 水やトイレットペーパーのような、かさばる物も配達してくれるところがいい
  • 一人暮らしの冷蔵庫は小さいから、最小限の食材でいい
  • 野菜をたっぷり摂りたい。料理好きだから野菜セットがあれば嬉しい

等々、具体的な条件をリストアップしてみてください。

食材宅配を見比べる前に、自分なりに条件に順位付けをしておくと、決断もしやすいですよ。

一人暮らし向け食材宅配おすすめ6選

ここから、一人暮らし向けとしておすすめできる食材宅配をご紹介します。

それぞれのサービスは、どんなタイプの人が向ているか、ピンとくるものがあるか、特徴をチェックしてください!

コープ:安さ重視の人向け!一人暮らし向け便利食材や日用品が揃ってます

「スーパーに買い出しに行くように、なんでも揃うところがいい。しかもスーパー並みの値段で」

という方に一押しなのは、コープの宅配です。

コープは生活協同組合という団体が運営しているサービスですが、地域によって運営元となる生協が異なり、「コープデリ」「おうちコープ」のように名称も違います。

今すぐ公式サイトを確認したい方は、お住いの地域でサービスを行っているコープをチェックしてください ↓

自分の住まいが上記に当てはまらないよ!っていう場合は、こちらのページを参考にしてくださいね。全国の生協宅配を検索できます。

安くなんでも揃えたい人にはコープが向いている

週に1回、決まった曜日に食材を配達してくれるのがコープの特徴。

配達曜日は選べませんが、留守でも玄関先に置き配してくれるので、一人暮らしでも受取に不便が生じることはありません。

品揃えや価格はスーパーと同等です

  • 卵や牛乳のような、日常的に使う食材
  • 湯銭やレンジ加熱でOKといった時短惣菜
  • トレーに入ったおかずセット
  • レトルト食品
  • レシピつきのミールキット

等々、一人暮らしでも使いやすい食材がたくさん揃っています

ミールキットは2人前くらいのものが多いです。

ただ、一人暮らしの人だったら、家での食事用とお弁当用といった使い方ができますよね。

一人分じゃないから使えない・・・なんてことはないんですよ^^ 使い方次第です。

食品以外の日用品も取り扱っています。

セツ子
できるだけ買い物の頻度を減らすなら、何でも揃うコープはとってもおすすめです。

価格はスーパー並みなので、食費が爆上がり!なんてことにはならないはずです。

注文はもちろんネットででき、スマホがあれば問題なしです。

食材宅配サービスで安いのはどこ?ズバリ解説!

食材宅配の利用を考えているけど、安いところがいい!そんな方に向けて、転勤族として都会と地方で食材宅配を10年以上利用した経験から、安い食材宅配サービスをご紹介しています!

続きを見る

利用の有無に関係なく、毎週利用料がかかるのがデメリット

コープでは、200円前後の「手数料」がかかるのが一般的です(生協団体によって呼び方が多少違うこともあります)。

一回の注文が5,000円以上なら無料といった設定もありますが、一人暮らしではそれほど注文金額が大きくならないですよね。

なので、一人暮らしでコープを使う場合は、利用料はかかるケースがほとんど、という認識でいた方がいいです。

手数料は注文しない週でもかかるので、ここは注意です。

注文の頻度が少なく月一回とかなら、手数料だけ無駄に払ってしまうことになるので、コープ以外の食材宅配も検討した方が良いです。

「コープが一番いいけど、毎週注文するか分からない…」という場合は、パルシステムのタベソダというサービスをおすすめします。

タベソダはアプリ完結のサービスで、注文した週にしか利用料が発生しません。

パルシステムも生協の一つです。普通のコープとの違いは、価格が少し高めなところ。

その代わり、品質にこだわっているので、添加物や農薬などを抑えた食材が手に入りますよ。

パルシステムのタベソダとは?手数料の無駄をなくす便利な注文方法

パルシステムは、関東圏を中心に1都10県を対象とした、生協による食材宅配サービスの一つです。 生協といえば、毎週カタログが届きそれを見ながら注文する、というサービス形式が一般的ですが、パルシステムには ...

続きを見る

オイシックス:食べるの大好きな人向け!届くのが楽しみなる食材が多いです

「話題の食材やちょっと特別感のある食材を試すのが好き」

そんな方には、オイシックスがおすすめです。

時短惣菜からおしゃれな食材まで食べるのが楽しくなる食材がたくさん

オイシックスは、とにかく食べてみたくなる食材がたくさんあります

私はよく魚系のおかずを購入しています。一食分ずつパックされているものも多くて、一人暮らしの人でも使いやすいです。

ビーガン食材や、輸入食材なんかも扱っていて、ちょっとおしゃれな食材宅配サービス、という感じです。

カルディや無印良品の食材なんかが好きな人は、オイシックスは楽しめます。

セツ子
オイシックスは、お試しセットも中身が充実しています。
オイシックスお試しセットの体験ブログ~お得で充実の内容でした!

オイシックスの食材を少しだけ食べてみたい・・と思ったときに役立つのがお試しセットです。実際の中身はどうなの?買ったらその後どうなるの?と気になっている方は、こちらの体験談を読んでみてください。どんな感じなのか、イメージできると思います!

続きを見る

一人暮らしにとってのデメリットは送料

一人暮らしの人にとって、オイシックスの利用で一番ネックになりそうなのは、送料です。

注文金額によって、安くはなるのですが、4,000円(税込4,319円)未満だと、600円かかってしまいます。4,319円以上で200円です。

配送はヤマト便なので、宅急便を普通に利用するよりは安いですけどね。

デメリットをどう捉えるかですが、美味しいもの見つけたいなっていう人には、オイシックス、おすすめします!

⇒ オイシックスの公式サイトで食材をチェックしたい方はこちら

ヨシケイ:食材をため込みたくない人向け!格安のお弁当もあり

一人暮らしの冷蔵庫はサイズが小さく、そんなにたくさんの食材が入らない・・ということもありますよね。

食材をあまり冷蔵庫に詰め込みたくない。そんな人にはヨシケイがおすすめです。

ヨシケイは利用する日に、無料で届けてくれる

ヨシケイはミールキット(料理キット)専門の食材宅配サービスです。

ミールキットとは2品程度のおかずが作れる食材セット。レシピ付きであることがほとんどです。

ヨシケイならではの良さは、

  • 利用する当日に食材を配達してくれる(留守のときは留め置き)
  • 配送料は無料

の2点。

当日に配達してくれるので、その日のうちに食材を使いきることができて、冷蔵庫に食材が残るってことはありません。

もちろん、冷蔵庫にしまって翌日に作るという使い方もありますよ。

ヨシケイのY*デリというミールキットは、一人前から注文できます。

セツ子
Y*デリは湯せんやレンジで用意するタイプで、作るのも簡単です。
ヨシケイ Yデリのレビューブログ│調理の手間なし超便利メニュー!

セツ子ヨシケイのYデリってどうなんだろう?冷凍のおかずみたいだけど、味や量も気になる。 ヨシケイにはYデリというメニューがあります。 プチママやカットミールが掲載されている「すまいるごはん」というカタ ...

続きを見る

他のキットメニューは2人前からですが、多めに作れて翌日以降の食事にも使えるのは、一人暮らしならではのメリットだと思います。

ヨシケイは冷凍弁当もおすすめです。

3食分で1,030円とう格安のお弁当もあって、家計を圧迫せずに使えます!一人暮らし生活にも便利ですよ。

ヨシケイの冷凍弁当の口コミってどう?3種類を食べ比べ

毎日頑張っていると「今日はどうしても料理したくない…」なんていう日もありますよね。 そんなとき、冷凍弁当を使ってみたら外食よりも経済的で手軽だと分かり、ときどき取り入れるようになりました。 ヨシケイで ...

続きを見る

一人暮らしでヨシケイを使うデメリットは

ヨシケイについては、「一人暮らしだから」という理由で生じるデメリットは特にありません。

注文はアプリでできるし、配送料や手数料なども一切かからない。

使いたいときだけ使えるので、価格と味、量などに納得できれば、とても便利なサービスですよ

⇒ ヨシケイの公式サイトはこちら
初回限定キャンペーン中♪

らでぃっしゅぼーや:料理好きな方向け!一人分のおいしい野菜セットが便利

自炊をしたい人、中でも野菜たっぷりの料理作りを心がけたい人は、らでぃっしゅぼーやがおすすめです。

一人暮らしでも使いきれる量の野菜セットあり。しかも美味しい。

らでぃっしゅぼーやには、「ぱれっと」と呼ばれる野菜セット商品があります。

減農薬や無農薬で育てられた旬の野菜が届いて、美味しいです。調味料に凝らなくても、美味しく野菜が食べられます。

ぱれっとは種類がとても多くて、M・S・SSというサイズ分類があります。

サイズの違いは、

  • 野菜がまるごと届くのがM
  • 半分程度にカットされたものが S
  • 1/4程度にカットされたものが SS

という感じ。

一人暮らしの人におすすめなのは、『7種S』というサイズ

7種Sには、Sサイズの野菜が7種類入っています。

自炊メインの方だったら、一人暮らしの人でも1週間~10日程度で消費できる量だと思います。

美味しい野菜で自炊をしたい人は、らでぃっしゅぼーやのぱれっと、おすすめです!

らでぃっしゅぼーやのぱれっととは?種類や値段、選び方などまとめ

セツ子この記事では、らでぃっしゅぼーやの定期便 ぱれっとについて解説しています。 らでぃっしゅぼーやは有機野菜や低農薬野菜を届けてくれる食材宅配サービスです。 肉・魚・お惣菜といった幅広い食材を取り扱 ...

続きを見る

一人暮らしだと、配送料が高くなる可能性あり

らでぃっしゅぼーやの場合、単身世帯が使うと配送料が高くなる可能性があります。

というのも、らでぃっしゅぼーやの配送料は、注文金額に応じて決まるんですね。

注文金額が大きければ大きいほど、配送料が安くなります。

普通に考えて、一人世帯の方が家族世帯よりも購入する量(つまり金額)は少ないですよね。なので、配送料は高めになるだろうな…と想像できます。

一人暮らしにとって、らでぃっしゅぼーやのような送料設定は不利なので、デメリットですね。

例えば、一回の注文金額が3,000円未満(税込3,240円)の場合で見てみます。

注文金額3,240円の場合の送料

  • 自社トラックで配送 ⇒ 380円
  • ヤマト便で配送 ⇒ 900円

*自社便エリア外だと、ヤマト便による配達です。

それなりにかかってしまいます。

先ほどご紹介した、ぱれっとの「7種S」はとってもおすすめなのですが、価格が税込で1,911円。7種Sだけだと、自社便でも送料が380円かかります。

高すぎる!っていうほどではないですが、この金額をどう捉えるか。

食材は幅広く揃っているので、野菜以外の食材も一緒に注文して送料を抑えるっていう方法もあります。

野菜はとっても美味しいので、野菜セットが欲しい方はぜひ検討してみてください!

⇒ らでぃっしゅぼーやの公式サイトはこちら

らでぃっしゅぼーやのお試しレビューブログ!セット内容のコスパは?

<2020年7月23日追記> 現在、らでぃっしゅぼーやのお試しセットが販売停止となっています。 定期宅配は申込み可能です。 らでぃっしゅぼーやは有機・低農薬野菜を中心とした食材宅配サービス会社です。 ...

続きを見る

食宅便:レンチンで済ませたい人向け!手軽に糖質オフもできます

「毎日帰りが遅くて自炊は無理。簡単に用意できて且つ健康的な食事がしたい」という人には、弁当タイプの食材宅配が使いやすいです。

中でも食宅便 は、しっかりボリュームを感じられる美味しいお弁当で、オススメです。

派手さはないけど手堅く手軽に健康維持できる

食宅便のお弁当は冷凍タイプです。

特徴は

  • 糖質をオフ、塩分オフなど、目的に応じたメニューが選べて、味も申し分なし
  • 価格が手頃感あり

といった点です。

おしゃれなメニュー、おしゃれなパッケージ、そういった類のお弁当ではないんですが、味・価格両方のバランスがちょうどいい

セツ子
一人暮らしの人でも続けやすくて、使いやすいお弁当です。

ほしい時だけ注文する都度購入もできますが、定期購入の方が送料が半額(390円)になってお得です。

定期便といっても配達頻度は月1回でもOKで、不要な時はスキップもできるので、計画的に使えます。

一人暮らしの場合、冷凍庫にどれくらい入るかが少し問題

お弁当タイプの場合、デメリットはかさばりやすい点です。

特に、一人暮らしの場合、冷蔵庫のサイズが小さめだと思うので、注文した分がちゃんと入るか、よく確認した方がよいです。

食宅便のお弁当容器は、長方形サイズで 約縦230mm×横170mm×高さ40mm。

定期コースの場合は1セットで7食届きます。

ご自宅の冷凍庫が7食分入りそうなら、お弁当タイプは食宅便をおすすめします!

食宅便 低糖質セレクトの口コミブログ│味はまずいのか?食べてみました

セツ子食宅便の低糖質セレクトコースというお弁当を食べてみました。 低糖質な分、たんぱく質がしっかり摂れるメニューで、お腹も満たされるお弁当でしたよ。 食宅便は日清医療食品による冷凍弁当の宅配サービスで ...

続きを見る

わんまいる:弁当では味気ない人向け!作り立てのような食事が簡単に用意できます

「簡単に準備ができる食材だと嬉しいけど、弁当タイプはやっぱり・・・」という人は、わんまいるがおすすめです。

わんまいるは、湯せんや流水解凍で食べられる惣菜の食材宅配サービスです。

できたてのおかずが一品ずつパックされていて、美味しい!

わんまいるの惣菜は、冷凍品と感じさせない美味しさです。これが一押しポイント。

できたてを一品一品真空パックしているのが、美味しさの秘訣になってます。

「主菜1品、副菜2品」という組み合わせでメニューが作られていますが、おかずは一品ずつパックされているので、食べたいものだけ食べられるのもメリット。

セツ子
自炊したご飯があるけど、「あと一品欲しいな・・」なんていうときにも使いやすいです。

一人暮らしでわんまいるを使うデメリットは

わんまいるは「一人暮らしだから」という点でのデメリットは特にありません。

挙げるとすれば

  • メニューを自分で選べない
  • 送料が少し高め

の2点です。

わんまいるのメニューは、1ヶ月分の献立があらかじめ決められていて、月替わりです。

注文週に該当するメニューを配達、というシステムなので、自分で選びたい人にとってはデメリットになります。

送料は一律料金で935円(本州エリア)です。ここをどう捉えるか。

わんまいるは、おかずごとにパックされているので、弁当容器タイプのように場所は取りません。なので、一度にまとめて注文して送料を抑えるという方法を取るのも一つです。

【わんまいるお試しセットの体験ブログ】食事の感想を本音でレビュー!

作りたての惣菜を冷凍の真空パックで届けてくれる、わんまいる。冷凍とは思えない!というコメントをよく見かけるので、実際どうなのか、お試しセットを食べてみました。味や使い勝手はどうだったか、私の体験を本音でレビューしています。

続きを見る

一人暮らし向け用に食材宅配を選ぶ際のチェックポイント

ご紹介した中で、自分に合いそうな食材宅配はあったでしょうか。

前述したように、譲れないポイントをはっきりさせておくと、自分にふさわしいサービスがどれか、見えてきます。

一人暮らしの方がサービスを選ぶ上で、どういった点をチェックすれば良いか、下記にまとめます。

一人暮らしの人が使いやすい量で購入できるか

先に紹介したコープ(生協)なら、スーパーのような品揃えなので、一人暮らしの人でも自分にあった量で注文ができます。

野菜セットなど、何点かの食材がセットになったものを購入するときは、

  • セットの量がどれくらいなのか
  • 一人暮らしでも使いまわせそうか
  • お弁当のセット販売などは、一人暮らしサイズの冷蔵庫に入りそうか

といった点を、しっかり確認することをおすすめします。

配達はいつなのか?不在時の対応はどうなっているか?

一人暮らしの場合、変わりに食材を受け取ってくれる人はいませんから、配送方法や配達曜日、不在時の対応は、大事なチェックポイントです。

食材宅配サービスの配達は、「自社便での配送」かヤマトのような「宅急便での配送」に分かれます。

それぞれに不在時の対応が異なり

  • 自社便の場合 ⇒ 玄関前への置き配
  • 宅急便の場合 ⇒ 再配達を依頼

のどちらかになります。

自社便の場合、配達曜日が固定されています。

自分で配達日時は選べません。

セツ子
その代わりに、不在時の際は、しっかりした梱包素材を使って置き配してくれます。

食品の鮮度を保てるように、保冷剤やドライアイスも入れた状態で置き配してくれます。

宅急便での配達は、自由に配達日時を選べます。

一般の荷物と同じような使い方です。

お休みの日など、確実に受け取れる日時を指定するのがベストですが、もしものときは再配達を依頼すればOK。

  • 自分が検討しているのは、どちらの配送タイプなのか
  • 自分はどちらの方が使いやすいのか

といったことも確認しながら、決めていくと良いですよ。

配送料はいくらかかるか

食材以外にかかる費用として代表的なものに、配送料があります。

配送料はサービス会社によって差があり、しっかりチェックするのがおすすめ。

特に一人暮らしの方の場合、注文金額によって配送料が変わる設定をしている食材宅配サービスを利用するときは、

  • 自分だったらどんな食材を注文して
  • どれくらいの送料がかかりそうか

という点も、なんとなくでいいので想像して計算してみると良いです。

今回おすすめしたサービスだと、送料設定の特徴は下記のような違いがあります。

サービス名 送料設定の特徴
コープ 200円前後
(各組合や地域によって異なる)
オイシックス 注文金額によって変化
ヨシケイ 無料
らでぃっしゅぼーや 注文金額によって変化
食宅便 定期便か否かで変わる
わんまいる 一律料金

各社でバラバラです。

良いなと思った食材宅配が見つかったら、配送料もしっかりチェックしましょう!

一人暮らしの食費の平均ってどれくらい?

一人暮らしの食費って、どれくらいが一般的なのでしょうか。

総務省の家計調査によると、単身・勤労者世帯で、食費への支出の男女平均は、約38,000円e-Statの家計調査/家計収支編 でデータ公開されています)。

女性平均で見ると、約34,000円です。

外食費は別で、男女平均で約7,500円、女性のみの平均値は5,000円ほどでした。

外食費も併せて、4万円台くらいが平均値という感じですね。

ご自身の家計管理の参考にしてください。

セツ子
食材宅配を使うときも、予算に合わせて使っていくことが大事です!

最後に:忙しい一人暮らしの人こそ食材は配達してもらうのが便利

一人暮らしの人におすすめな食材宅配サービスをご紹介してきました。

  • 自分の欲しい食材が手に入るか
  • 一人暮らしが使いやすい量で注文できるか
  • 不在のときの対応はどうか
  • 配送料はどれくらいか

といった点をしっかりチェックした上で、納得できるサービスであれば、ぜひ利用を検討してみると良いですよ。

便利で楽になるのは、間違いないですから!

サービスによっては、食材をお試しできるところもあるので、使ってみてくださいね。

食事作りを時短したい方に!おすすめ食材宅配ベスト3

オイシックス

オイシックスはおいしい野菜や、簡単・便利なミールキットなどで人気の食材宅配サービスです。

ミールキットは20分で主菜と副菜が完成する優れもので、本当に便利!子供が喜ぶメニューも多く、子育て世帯にもとてもおすすめです。

オイシックスの食材は「つくった人が自分の子どもに食べさせられる」を基準にしていて、安全面に信頼がおけるのもポイントです。

ヨシケイ

ヨシケイは夕食食材(ミールキット)の宅配を専門とした食材宅配サービスです。

毎日その日に使う食材が届くので、箱から食材を出してレシピ通りに調理するだけという超お手軽さ。

帰宅してすぐにご飯作りをするという方なら、食材を冷蔵庫にしまう手間すらなくなります。

毎日の献立を考えることから解放されたい方には一押しです。

わんまいる

わんまいるは冷凍総菜を取り扱っている食材宅配サービスです。

おすすめポイントは、湯せんや流水解凍のみで食事の準備ができること。

メニューは和食中心で、季節ごとに旬の食材が使われています。

作りたての料理が真空パックされた状態で届き、冷凍とは思えないおいしさを味わえます。

-一人暮らし, 利用者別

© 2021 食材宅配の比較とおすすめサービス│食材宅配のトリセツ